2017年03月21日

春霞

今日も穏やかな天気でした。










こんなにべた凪だと海藻取りにも最高です。


この時期に採れる海藻にギバサという海藻があります。










とろとろツルツルしてとっても美味しい海藻なのですが、実は温海の海岸にはない海藻なのです。


多分粟島辺りから流れてくるのだと思います。



そして今日は船の数もたくさん見えました。






この時期だと、ヤリイカ釣りか水ダコ釣りではないでしょうか。


この時期になると水ダコは産卵のために浅場にやってきます。


水ダコのしゃぶしゃぶ、最高です!


  

Posted by nezugaseki at 23:44Comments(0)

2017年03月20日

お彼岸のお墓詣り

連休最後の月曜日は、穏やかな天気に恵まれましたが、少し霞んでいるような空気です。






いつも見えている粟島が今日は見えません。





午前中にお彼岸のお墓詣りに行ってきました。






お寺からの景色もなかなかいい感じです。






もうすっかり春ですね。


  

Posted by nezugaseki at 10:54Comments(0)

2017年03月18日

鼠ヶ関小学校の卒業式

連休初日は朝から晴天!









すっかり春らしくなりました。

川岸には鷺の姿も見えました。






こんな好天に恵まれて、今日は鼠ヶ関小学校の卒業式が執り行われました。






第70回目となる記念すべき卒業生は17名!











卒業生のみなさん、そして保護者のみなさま、ご卒業おめでとうございます㊗️!


  

Posted by nezugaseki at 13:17Comments(0)

2017年03月16日

映画のロケ

今日は鼠ヶ関港で映画のロケがありました。


早朝の寒いうちからスタッフのみなさんが準備。









鼠ヶ関の漁師さんも協力。






映画のタイトルは赤い雪(仮題)とのこと。


主演は永瀬正敏さんらしいです。


かなり寒い日だったのですが、なんと夕方まで撮影は続いてました。














それにしても映画の撮影って大変なんですね〜


ほんの数分のシーンを撮るのに二日間かけて、スタッフの数も半端ない。
40人くらいはいたのではないでしょうか。


どんな作品になるのか楽しみです。


  

Posted by nezugaseki at 21:34Comments(0)

2017年03月15日

ノロゲンゲの天丼!

少し前まで底引きの網には入るが、市場には出さなかった魚、ノロゲンゲですが、美味しい魚なのにもったいないということで、販売に力を入れた結果、近年スーパーの鮮魚コーナーにも並ぶようになってきました。





このノロゲンゲを使って新しいメニューを開発しようと、道の駅しゃりんのレストラン、早磯ドライブインさんが試行錯誤を重ねていて、先日、天丼を作ってみたというので試食させて頂きました。






揚げたての熱々を頂きましたが、これがかなり美味しかった!

白身が柔らかくてフワッとして最高。






ただ、このノロゲンゲはコラーゲンをものすごく豊富で、箸を入れて身を摘まみ上げるとこの通り。










このトロトロっとしたコラーゲンが好きな人と苦手な人がいるかもしれません。


果たして新メニューとして登場するかどうか、微妙なところです。


  

Posted by nezugaseki at 20:00Comments(0)

2017年03月13日

ベタ凪だー!

今日は朝から穏やかな天気で、
日本海も久しぶりのベタ凪!














磯見漁には最高の凪です。






鳥海山もおぼろながらも綺麗でした。






こんな天気が続くといいのですが•••


  

Posted by nezugaseki at 16:47Comments(3)

2017年03月12日

大般若

今日は鼠ヶ関のお寺、瑞芳院で大般若が執り行われました。









大般若(だいはんにゃ)と言うのは正式には「大般若会」というらしく、
大般若経という600巻にも及ぶ膨大な教典を複数のお坊さんで
読んで、家内安全や身体健吾などを祈願する大法要のことです。
みなさんもご存知の般若心経はこの600巻の教典から
重要な言葉を抜粋して短くしたものらしいです。











本当に600巻もの教典を読んでいくと、何人かで手分けしても
2日間不眠不休でも難しいことなので、転読という、
パラパラと教典を高速でめくって読んだことにしているようです。










終了後には、鶴岡市平京田のピアニスト、高橋佑輔氏のミニ演奏会がありました。
みんながよく知っている曲ばかりで、特に花が咲くは最高でした。











その後、護寺会の総会があり、終了後にみんなで昼食。
檀家のみなさんの手作りのお料理で美味しかったです。



















  

Posted by nezugaseki at 21:52Comments(2)

2017年03月11日

青空と海

今朝は冷え込んで寒い朝でしたが、久しぶりの青空が見えました。


海も穏やかになってきて気持ちのいい土曜日。













気温もだんだんと上がってきて、散歩する人や畑に出る人、家の周りの掃除をする人の姿が見えました。


天気が良いとやりたいこともたくさんありますね。


明日の日曜日もいい天気になりそうです。


  

Posted by nezugaseki at 16:24Comments(0)

2017年03月09日

大漁旗フェスティバル!

3月に入ってから、また寒さが戻ってきて雪が降ったりしていますが、
春は確実に近づいているようです。


毎年5月のGWに開催されている、鼠ケ関の大人気イベント、
大漁旗フェスティバルの準備もすでに始まっています。


今年のポスターの原案ができてきました。







今年は5月4日に開催予定です!



恒例の小学生の書いた発動機船の絵に採用されたのは、
5年生の佐藤百恵ちゃんの絵です!







5月4日を楽しみにしていてください!

  

Posted by nezugaseki at 12:47Comments(0)

2017年03月08日

寒いです!

朝起きたらまた屋根がしろくなってました。

風も強く海はまた時化ています。











真鯛が釣れ始めてきたのに、この天気は残念ですね。




  

Posted by nezugaseki at 12:39Comments(0)

2017年03月06日

明日からまた雪??

今朝は穏やかな海でしたが、








午後からは風が吹いてきて海もしけてきました。


割と穏やかな海が続いてて、釣り船もたくさん出港してたのですが、沖にはコアミがたくさん来ているようで、お魚さんはそっちに目が向いて、なかなか釣れなくなってきたようです。


そうなるとはえ縄が好調になるのだとか。


昨日と今日は鼠ヶ関港には鯛がたくさん上がったようです。







イルカもたくさんいるようで、丘からも見ることができるそうです。


そして、クジラの目撃情報も!



この暖かい天気も今日までのようで、明日からはまた雪マークが•••


また冬に逆戻りです。


  

Posted by nezugaseki at 18:48Comments(0)

2017年03月05日

摩耶山新酒まつり!

昨日の土曜は朝から冷たい雨が•••

午後からは今年で6回目となる恒例の摩耶山新酒まつりがあるのに、この天気ではお客さんも少ないかな〜と心配していたのですが、開催時間の午後3時前から雨が止んで、たくさんのお客さんが来てくれました。













鼠ヶ関からも民宿咲さんと朝日屋さんが出店!









そして今年も鼠ヶ関の演歌歌手、佐藤善人さんの歌謡ショーで盛り上がりました!






お客さんも大満足の摩耶山新酒祭りでした。


毎年来てくれるお客さんもたくさんいて、また来年も来るよと言う嬉しい声もたくさん頂きました。


  

Posted by nezugaseki at 10:57Comments(0)

2017年02月28日

快晴、べた凪!

今朝は冷え込みましたが、雲ひとつない青空でした。


海も穏やかなべた凪!


















こうなると海の大好きなお母さんたちは黙って家の中に居られなくなって、海に出ます!










岩に張り付いた岩のりをむしり取ったり、海藻を採ったりしていました。


この時期に美味しい海藻のひとつがこれ!





地元の早田地区では、なぜか「ヨイモタロウ」と呼んでいます。


なんでそんな可笑しな名前なのかは不明です。


別名、「しがな」とも呼びます。


味噌汁に入れると磯の香りが広がって美味しい海藻です!


天気が良くなると釣り人も待ちきれなくて出て来ます。







鳥海山も綺麗でした!







そして月山も!






鶴岡はほんとうに綺麗な街ですね!

  

Posted by nezugaseki at 19:44Comments(0)

2017年02月27日

凪はいいな〜

今朝はうっすらと雪化粧した寒い朝でしたが、風はなく海も穏やかな凪でした。






底曳き船も出漁して、夕方は久しぶりに活気のある鼠ヶ関漁港でした。






















カニが美味しい時期ですが、あまりたくさんは獲れなかったようです。










活ガニ!





鱈もまだ獲れてます。










美味しそうなアンコウ





旬のヤリイカ!






そして久しぶりに綺麗な夕日も見えました。










この凪は少し続きそうです。


  

Posted by nezugaseki at 21:42Comments(0)

2017年02月24日

一転して大時化!

昨日のあの穏やかな海が嘘のように、
また冬の海に逆戻り!











今朝は吹雪でした!






そろそろ三寒四温の時期でしょうか。


  

Posted by nezugaseki at 16:32Comments(0)

2017年02月23日

久しぶりに穏やかな海

今日は朝から雨模様の天気ですが、
強風も止んで久しぶりに穏やかな海を見ることができました。










昨日は荒凪でしたが、漁師さんは頑張って出漁しました。

色々な魚がそれなりに獲れたようです。


我が家にも分け魚が届きました。






ほんとうに久しぶりに地元の魚が食べられます!

ありがたいことです!


  

Posted by nezugaseki at 15:53Comments(0)

2017年02月21日

時化過ぎだー!

今日も強風警報発令、海は大時化です。










気温もガクンと下がってまた白い冬に逆戻り!





それにしても今年の2月は天気悪すぎます。


海がほとんど荒れていて、漁に出られる日がほとんどありません。



漁師さんも大変ですが、魚屋さんや料理屋さん、旅館も地元の魚が無くて困ってます。


この悪天候、もう少し続きそうです。
困ったものです。


  

Posted by nezugaseki at 19:19Comments(0)

2017年02月18日

イタリアからのお客様

昨日は鶴岡市にスタディツアーで15日から訪れている
イタリア食科学大学の学生さんご一行が鼠ケ関来てくださいました。


午後から、佐藤漁業青年会長と佐藤漁協念珠関市所長を講師にお願いして
庄内の魚や漁業、食についての座学を行ない、
その後には民宿咲の佐藤具視板長を講師に、
鱈を使った料理教室も開催。


























夜は民宿咲さんで地元の方との交流会。






小名部の五十嵐ファームの社長、五十嵐一春氏が
自分で作った生ハムを丸ごと持参して試食させて頂き、
本場イタリアの学生達からも大好評でした!









飲物も準備した日本酒はあっという間に空になり、
鼠ケ関公民館主事の五十嵐透氏から急遽、
バーコーナーを設けて頂き、こちらも大好評でした!






英語やイタリア語が話せなくても、
身振り手振りでなんとか通じるものですね。



温海地域にも少しずつ外国からのお客さんが増えてきているように感じます。



  

Posted by nezugaseki at 14:06Comments(0)

2017年02月17日

義経上陸の地

今日は朝から暖かい風が吹いて、気温もかなり高めです。





でも予報によるとこれからまた寒気が降りてくるとか•••


明日からはまた寒くなりそうです。


話は変わりますが、鼠ヶ関には義経に関係した石碑が二つあります。


ひとつは厳島神社の境内にある、
「義経ゆかりの浜」と書かれた石碑。








説明にもありますが、昭和40年にNHKの大河ドラマで源義経が放送された時に、原作者の村上元三氏に書いて頂いたものですが、その当時は義経が鼠ヶ関に上陸したとはっきりと断言することはできないと言って、ゆかりの地としたものです。


そしてもう一つが鼠ヶ関公民館の前にある石碑。







こちらにははっきりと「上陸の地」と書かれました。


20年経ってから村上先生から、今だったら鼠ヶ関に上陸したのは間違いないと自信を持って言えるということで、改めてこの石碑を建立したものです。


この鼠ヶ関の浜に義経一行が上陸し、そしてこの鼠ヶ関の関所で、あの歌舞伎でも有名な勧進帳の元となった出来事があったのです。


  

Posted by nezugaseki at 13:23Comments(0)

2017年02月14日

オサガメ(ウミガメ)のその後

日曜日に道の駅しゃりんの磯に打ち上げられたウミガメ(オサガメ)ですが、
発見時はまだかすかに生きていたので、
奇跡的な回復を期待してまた海に戻したのですが、翌日には発見場所から数十メートル離れた磯にまた打ち上げられてました。

残念ながらすでにお亡くなりになってたので、どう処理したらいいものか、とりあえず鶴岡市の方に連絡、県にも連絡して検討して頂いたところ、筑波の国立生物博物館の方で、引き取りたいとのこと。


年に1、2頭は日本各地でこのように打ち上げられるのですが、ほとんど鳥につつかれたりして、目もしっかりと残った状態で見つかるのは極めて珍しいとのこと。



博物館の職員3人で、今朝の6時に筑波を出発して、昼頃に現場に到着。


市と県の職員5名としゃりんの支配人も手伝って、10人がかりで磯場から駐車場まで運び上げ、無事に車に積み込みました。












たぶん200kは超えているこのウミガメを、どうやって上まで運ぶのか心配しましたが、さすがに皆さん慣れていらっしゃる。


その様子をご覧ください。
























いや〜、それにしても重かったーっ!
腰が壊れるかと思いました。


これで一件落着!


生物博物館の職員の皆様、遠いところお疲れ様でした。


帰りも気をつけて帰ってください。m(__)m

  

Posted by nezugaseki at 13:30Comments(0)